ブログ記事詳細

ドローンスクール名古屋校の教習機について・・・・

こんにちは、インストラクターのsparrowです。

教習機について説明します

教習機であるPhantom3standardとPhantom4Advance PRO 違いて・・・・

見た目とカメラも違えば値段も違う!・・・・・これ当たり前

しかし安定性はどうでしょ・・・・かなり違います

普通に飛行している分には、気になりませんが、GPSなしの状態では大きく異なります。

風の抵抗も違い安定性は、Phantom4は素晴らしく安定してくれますが、風に流されますのでご注意を

Phantom3standardはセンサー無し Phantom4Advanceはセンサーが前についています。

Proは、前後左右ついていますが、初心者モード外すと左右が切れます。

以外にもセンサーの感度が良すぎて、虫が横切るだけで止まります。

しかし安全に飛行するためセンサーの感度を弱めることができない設定になっていると思われます。

Phantom3standardはスポーツモード・アクティブトラック等無く、ホビードローンの延長線上だと思ってください

但しホビードローンと同じように、宙返りしません・・・・(笑)

プロペラの脱着

Phantom3standardのプロペラはネジ式で付け替えは、かなり面倒です。

Phantom4AdvanceとProは、ワンタッチ式なのでとても簡単

値段の差を、感じます。

この続きは、座学と実技で詳しく教えますよ~・・・因みに人気のMavic Proやsparkも授業に登場!

DJIgogglesやVUFINE+ ウェアラブルディスプレイも授業で使われています。

中でもFPV体験で・・・・・・・・凄いことに・・・・(笑)

因みに、教習機のPhantom4シリーズは送信機の背面は、HDMI背面に交換しています。

楽しい授業の講師をしている、インストラクターsparrowでした。