お知らせ記事詳細

JUIDAからのお知らせ

このたびの九州北部豪雨により、
福岡県・大分県をはじめとする九州地方でさまざまな被害が発生しました。
犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復旧と復興を心よりお祈りいたします。

さて、こうした自然災害においては、
その被害状況の把握などに無人航空機は大変有効であり、
様々な要請を受けていらっしゃる会員も少なくないかと存じます。
しかしながら、あくまでも国や自治体の定めたルールに則り、
安全に飛行させることが何よりも重要であることは今更申し上げるまでもございません。

この度、国土交通省より以下の通達がございましたので、
皆様にご案内申し上げます。
—————- 【無人航空機の飛行ルール】 ◆最新情報(7月7日付け)◆
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html
福岡県及び大分県における大雨(特別警報)に関し、被災地周辺では多数の捜索救難機が活動することとなっています。
7月6日~7日の間に設定されていた飛行自粛対象地域は解除されましたが、別添の地域においては、有人機の飛行に関して 現地の陸上自衛隊による空域調整が行われることとなっています。
このため、同地域においては、捜索救難機の安全を確保する観点から、引き続き無人航空機の不要不急の飛行は控えて 頂きますようお願いいたします。ただし、報道取材等、真にやむを得ず無人航空機の飛行を行う場合には、事前に以下の 連絡先までご連絡頂きますようお願いします。
<連絡先> 陸上自衛隊 西部方面総監部防衛部防衛課航空班
TEL:096-368-5111(内線:2650)
FAX:096-368-8380(外線直通)
—————-

以上、どうぞ引き続きご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。